ブラックキャッシング入門

-shared-img-thumb-freee151108039472_TP_V

この記事では過去に金融事故を起こしてお困りの方でも利用することができる「ブラックキャッシング」について説明しています。

多重債務や返済延滞などによってブラック認定されてキャッシングローンが組めないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。世間一般的に見ればそう多くはないので、そういう人に向けて救済処置というものは今まであまり議論が進められていませんでした。しかし近年のニーズの高まりによって、そういう人でも利用ができるブラックキャッシングというサービスが生まれました。

その背景としては近年改正された貸金業法の影響が大きいと言えるでしょう。上限金利や総量規制が厳しくなって、最大で融資を受けられるのは年収の3分の1までとなりました。これによって必要な額を手に入れようと次々とキャッシングを受けるようになったり、結果的に破産や延滞をすることによってブラックになってしまうケースが最近増えました。またこの法律改正はキャッシング業者にとっても厳しいものとなり、廃業をするような店舗がたくさん現れました。

ブラックキャッシングは基本的にシステムとしては普通のキャッシングと変わりません。しかしブラックの人のための救済方法として生まれたキャッシングですので、審査に関してはブラックであっても融資されるようになっています。審査は大手消費者金融のようなシステム化された厳しい審査ではありません。どちらかというと対面式で、「この人はブラックだが、本当に信頼できる人かどうか」といった人柄を重視した審査になります。そのためその証明として一般のキャッシングでは必要なかったような書類の提出を求めらたりもします。またその審査の内容は業者によって全然異なってきます。審査は国が取り決めたような確固たる項目はありません。あくまでお金を貸す業者が「この人は信頼できるか否か」を見極めるためのチェック項目でしかありませんので、その点ブラックキャッシングでは審査が寛容になっていると言えます。しかし寛容とはいえ、「審査が甘い」というわけではなく、きちんと信頼されなければブラックキャッシングであっても融資を受けることはできません。
中にはあまりにも簡単に審査が通過してしまったり、「金融事故を削除しますよ」と甘い言葉をかけて騙すような悪徳企業も存在します。闇金融からブラックキャッシングに看板を変えたような業者もあるので、利用の際はしっかり確認をして、詐欺事件を未然に防ぎましょう。ペナルティの期間が過ぎたとしても金融事故の記録は信用情報機関に保管され、「消えない」ということだけは正しく認識しておきましょう。
無難にブラックキャッシング業者を利用するなら「日本貸付業協会」に認められた優良ブラックキャッシング業者へ。

キャッシングブラックが可能なお店